banner_02.gif

2007年04月09日

川場野菜の王国(16)

☆川場村野菜の王国
<提供:群馬県 川場村役場 田園都市整備課>
http://www.vill.kawaba.gunma.jp/

まだ、更新されていなかった川場野菜の王国。16回目の更新は、2006年11月18日に放送されました。この日電話インタビューにご協力いただいたのは、東京新宿ベジフル鰹シ原支店 支店長 棚木さんさんでした。

川場村の野菜が、世田谷区内の各店舗に流通するまでには、さまざまな方々が関わっておられます。棚木さんもそのお一人です。まずは、東京新宿ベジフル鰹シ原支店がどんな会社なのか教えていただきました。

東京都中央卸売市場 松原分場 青果卸売会社です。八百屋さんに青果を販売している会社で、通称「やっちゃば」と呼ばれているそうです。みなさんご存知でした?

川場村と世田谷区は長年の交流があり、さらに交流を深めるために、川場村の野菜や果物を、世田谷区内に流通させられないかと、元世田谷区の議員さんからのお話でスタートしたのがきっかけだったのは先週ご紹介したとおりです。

17年7月11日から、川場村の野菜を世田谷区内の八百屋さんで販売をスタート。しかし、その年の4月、5月は市場、川場村役場、八百屋さんの皆さんで話し合いを何度も繰り返したそうです。

一般の野菜の流通と違うものですから、お互い行き来しながら、話がまとまり、実際に販売がスタートしたときはホッとされたそうです。大変だったんでしょうね・・・。

天候不順で、(昨年は)欲しいときに荷物がない。うまくつなげていけないもどかしさを感じていらっしゃったそうです。次年度の天候を祈りつつ、今後もおいしい川場村の野菜を各店舗の方々と一緒に、お客さんに提供していきたいと考えているそうです。

最後は、川場村の野菜を取り扱っている店舗の方々へメッセージをいただきました。

★東京新宿ベジフル鰹シ原支店
・住  所:東京都中央卸売松原分場


posted by 農ラジ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去:群馬川場野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。