banner_02.gif

2007年05月11日

茨城県大子町の地域活性の取り組み紹介

先週に引き続き、大子町ふるさと交流体験協議会 会長、(有)みらんど代表取締役 斎藤庄一さんに電話でお話を聞かせていただきました。

今週は、(有)みらんどについてのお話です。有限会社を立ち上げるきっかけは、大子町で2年間開催した勉強会がきっかけだったそうです。

みんなで開催した勉強会を何か形に残せないか?と、いろいろ考え、勉強会に参加した63人で1万円ずつ出資し、「だいご味ランド」を結成。

「だいご味ランド」は直売所を運営。最初はなかなか売れず苦労したようですが、じょじょに知名度が上がるとともに、新鮮野菜や、加工品を持ち寄る会員さん、農家さんが増え180人までになったそうです。

人数が増えて嬉しい反面、この人数をとりまとめるのが難しくなり、どうすればいいかをみなさんで協議した結果、一口10万円を出資してもらう人を募り(有)会社を設立。商品開発、イベントなどを担当することにしたそうです

世田谷の区民祭りも、(有)みらんどが担当。今年も、新鮮野菜、地ビールを持って参加を予定しているそうです。私も、今年イベント会場で地ビールを飲んだのですが、おいしいですよぉ〜。まだ、飲んでない方がいらっしゃれば是非一度お試しくださいね。

昨年、秋のお米のコンクールでは、おいしいお米どころの強豪を押さえ、大子のコシヒカリが堂々の日本1に輝いたそうです。ただ、皆さんにお届けできるほどの量は作っていないそうです。

地元のお米で味噌を作っているのですが、昨年はすべて売り切れるほどの人気ぶり。加工品も添加物、保存料を使わないので日持ちがしないけれど、こちらも人気があるようです。直売所のほかにも、農家レストラン、レストランの横ではそばうちを体験もでき大好評だそうです。

世田谷ふるさと区民祭りは、斎藤さんの出身校である農大のすぐ目の前ということもあり、学生時代を懐かしく経堂駅歩いて会場に入るのが毎年の楽しみのようです。この続きは、5月12日(土)エフエム世田谷の放送を聞いてみてくださいね。

みらんど
http://www.daigo-mi-land.jp/
大子ナビ
http://www.daigonavi.jp/


posted by 農ラジ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去:学生ラジオ出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。