banner_02.gif

2007年08月08日

オーガニックフーズの流通・販売の挑戦(2)

有機野菜を取り扱う会社の社長さんは、どんな思いや、考え方を持って販売されているのでしょうか?今回はご縁があり、お話を聞かせていただくことになりました。

先週に引き続きお話を聞かせていただくのは、(株)ポランオーガニックフーズデリバリ 代表取締役社長 神足 義博さんです。
https://www.e-pod.jp/index.html

ポランオーガニックフーズデリバリでは、認証有機野菜の流通販売、直営店舗、首都圏の会員制の個人宅配、インターネット通販、小売店舗用の卸、業務向けの卸を行っていらっしゃいます。

生産者の方々がそれぞれのやり方、作り方で有機農業に取り組んでいると、有機農業、有機野菜といっても、バラツキはおこらないのか教えていただきました。

2000年に制度化され、2001年春からスタートした認証有機制度があるので、内容についてバラツキはおこらないでしょう。しかし、それ以前は、各農家の考え方で行われていたので100人の農家がいれば、100通りのやり方があったといえるとでしょう。

80年代にアメリカ西海岸、90年の中ごろまでアメリカには4度。認証有機制度を視察に海外行かれたそうです。先進国で認証有機制度がなかったのは日本だけだったかもしれませんとのこと。えっ?日本には、今までこのような制度はなかったんですね。驚きました。

神足さんのお話によると、日本は自然に本当に恵まれすぎ。水田で連作ができ、世界一の農業技術だと思うが、それゆえ整備が遅れたのだろうと教えてくれました。

日本が恵まれている。それは、アメリカに行ってよくわかったそうです。その前に、まずは海外に視察に行った理由ですが、日本で厳密な有機農業というのはできないのではないのか?当時、全国でも本当の意味で有機農業をやっている方は数えるほど。

一方、欧米ではすでに有機農業、有機農産物の認証されていることを知り視察に行くことにしたそうです。アメリカは東からどんどん開拓が進み、20世紀になってストップ。現在、アメリカの大半の農産物は西海岸のグリーンベルで作られているそうです。視察は、ワシントン州、カリフォルニア州、オレゴン州の認証団体、農家をへ。

アメリカを訪れたのは暑い時期。ミネラルウォーターを飲むのではなく、肌をうるおさないとカラカラになると初めて体験したそうです。それを聞いただけでも、日本がいかに恵まれているかわかりますね。

何故、第三者認証機関制度を行う必要があるのか?有機農業を厳密に行いたい。従来ある農業では自然、環境破壊、作り手の健康を守るために有機農業に切り替える、そういうことに対して指針を示し、技術的なことを整備し、それらを流通販売する人たちにも情報として伝えて行き、また消費者の方々にもオープンにする。客観的な視点を持つことで、80年の初頭に独自のガイドラインを作成したそうです。

何故、第三者認証機関制度を行う必要があるのか?生産農家方からも、制度化するのは逆だろうと反対されたそうです。それでも、消費者の方の指示があり長くできるわけですから社会化しましょう。ということで、生産者の方の理解をいただいたそうです。

現在は、茨城では田植えしたり、トマトの収穫、稲刈り、炭焼き、冬は味噌作り。首都圏では、毎年4月に代々木公園のアースデーではファーマーズマーケットを出展。

消費者の方が見て、触れる。生産者も消費者の方と話をしてもらうといった企画を実施。生産者の方からは、消費者の声を直接聞くことができると大変好評だそうです。これらの活動は、今後も継続して行っていく予定だそうです。

この内容は、8月4日(土)エフエム世田谷で放送されました。


posted by 農ラジ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去:ゲスト出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。