banner_02.gif

2007年09月26日

地域で活躍するお父さんたちの活動紹介(世田谷)

今年の5月に茨城県久慈郡 大子町ふるさと交流体験協議会 会長
(有)みらんど代表取締役 斎藤 庄一さんに電話インタビューで登場していただきました。

大子町ふるさと交流体験協議会 会長
(有)みらんど代表取締役 斎藤 庄一さま
・1回目: 「ふるさと交流体験協議会」
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/40713550.html
・2回目: (有)みらんどについて
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/41408647.html

お話のなかで、世田谷区にある「おやじの会」の方々が何度も大子町を訪れ、交流を図っているとご紹介してくださいました。そこで、斉藤さんにお願いして、「おやじの会」の方をご紹介していただきました。

■テーマ:地域で活躍するお父さんたちの活動紹介(世田谷)

・1回目: 地域での親子体験活動から大子自然塾開講まで
http://www.revoradio.jp/nougyousentai5.html

オール世田谷おやじの会 大子自然塾 塾長 寺澤 惠太郎さん、矢野口 秀雄さん、お2人にお話を聞かせていただきました。

まずは、ずっと謎だった「おやじの会」とはどんな会なのか教えていただきました。みなさんご存知でした?

4年ほど前から、各学校単位で子どもたちのお父さんがネットワークを作り立ち上がったものです。世田谷区では、年に一度区の生涯学習課の方がとりまとめをしてくださり、5月の情報連絡会議を開催していたそうです。

そこで集まった、各学校の「おやじの会」のメンバーの方々から、ネットワークを作りながら活動を広げて行きましょうと言うことになり、世田谷区でネットワークを作ろうとオール世田谷おやじの会、翌年には、おやじ東京、おやじニッポンが立ち上がり、全国おやじの会のネットワークを広がりつつあるそうです。

会の目的は、健全育成、会員の融和と団結、学校と保護者ネットワークだそうです。寺澤さんは、桜小学校がベース、矢野口さんは駒沢をベースとしたおやじの会に参加されていて、それぞれの学校のイベント、行事の支援をしています。

お2人は現在、オール世田谷おやじの会「大子自然塾」の活動も行っていらっしゃいます。この活動は、茨城県大子にある廃校跡地を借り、親子の自然体験活動を拠点としています。お2人はとても仲がいいので、昔からのお友達かと思っていたら、知り合ったきっかけは3、4年前のおやじの会を通じて知り合ったばかりだそうです。

同じイベントをやるなら、鶴巻小学校、世田谷小学校なども一緒のやった方が有意義だということになり、まずはお父さんたちのソフトボールの交流を開催。終わってからの反省会は、楽しい飲み会。そこで、それぞれの情報交換会や、子供たち主体で何かやりましょうとお話がまとまり、次の年は、ジュニアンピックを開催。

これは、運動会でやらないような種目を考えて行われました。また、国士舘大学の先生と知り合い、城ヶ島の地層探検、観光化されていない洞窟探検、化石堀りなどのイベントを開催していくうちに、やはり親子で体験をできる拠点が欲しいと思うようになり、場所を探していたそうです。

その拠点の候補となったのが、茨木件、大子町でした。大子町を初めて訪れたときの感想をそれぞれ伺ってみました。

矢野口さんは、過疎化が進み、世帯数は450。人口は500を割った地域。その地域のおじいちゃん、おばあちゃんたちが子どもたちの声を聞いて、みんな出てきてくれ、だんだんお年寄りの方たちの顔が明るくなるのと同時に、子どもたちにこんな田舎を作ってあげたいと思ったそうです。

寺澤さんの故郷は岩手県、まるでふるさとに帰ったような気持ちになり大子の町を一目で大好きになったそうです。

東京から利便性の悪い大子町。だからこそ自然が豊で面白い。住民の方たちもみなさん温かい方ばかりで、大子に行く途中バスでゲームばかりやってる子どもたちも、一生懸命夢中になって遊んでいると、自然と子供たちの表情や目が変わるんですよと矢野口さん。

そんな大子町を拠点とするには、決してスムーズに行ったわけではありません。役場の方や、廃校跡地を借りる近隣の方に理解してもらうには相当時間がかかったようです。

言葉と資料を持っていっても理解してもらえないと判断した寺澤さん、矢野口さんたちは、子どもたちを連れて大子に通うようになります。回数を重ね、地域の方々に顔を覚えていただき、だんだん仲良くなっていきます。そして、地元で協力委員会も結成していただくことになり、活動をバックアップしようということになり、正式に廃校跡地を借りる契約になったそうです。

今では、地元のおじいちゃん、おばあちゃん達が、子どもたちが来るのを首を長くして待ってくれているそうです。

この内容は、9月15日(土)エフエム世田谷で放送されました。
posted by NPO農業情報研究員 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去:ゲスト出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック